籐の時代がやってきた! - TC楽器 - TCGAKKI

籐の時代がやってきた!

管楽器
吹奏楽、オーケストラ、ジャズ...あらゆるジャンルの演奏に用いられるトランペット用の”ミュート"、皆様はどんなメーカーのものをお使いでしょうか。従来はアルミやコパー、ブラスなどの金属製が一般的でしたが、今回新しい素材を用いたブランドをご紹介出来ることとなりました。天然素材の"籐"を使用した、H...
【くぼ管カスタム倶楽部】カリキオユーザー必見!ピストンバネ作ってみました - TC楽器 - TCGAKKI

【くぼ管カスタム倶楽部】カリキオユーザー必見!ピストンバネ作ってみました

管楽器
未だに愛用者の絶えないメーカー、"カリキオ"。ヴィンテージ・バック同様多くのメーカーがカリキオをモチーフとした楽器を製作しましたが、本家カリキオの人気は根強く、中古市場でも「入荷したらまず吹きに行く」、という方が多くいらっしゃいます。ところで、カリキオオーナーの皆様...ピストンバネ、元気で...
これさえ読めば貴方もAR RESONANCEマスター!! - TC楽器 - TCGAKKI

これさえ読めば貴方もAR RESONANCEマスター!!

管楽器
【AR RESONANCEマウスピースについて】最近良く名前を聞くけど、一体どんなマウスピースなの?カップとバックボアが選べるって聞いたけど、専門的なことはよく分からない...。なんて方も多いのではないでしょうか。ご安心ください。この記事を読めばあなたも今日からAR RESONANCEマスタ...
江戸時代の古管から昭和の新管まで、個性豊かな能管あり - TC楽器 - TCGAKKI

江戸時代の古管から昭和の新管まで、個性豊かな能管あり

管楽器
江戸時代の古管から昭和の笛師による新管まで、各時代の能管をご用意しました店頭にお越し頂ければ、笛のお試し吹きが可能です。能管は一本、一本、音色も吹き心地も異なる個性豊かな笛でもあります。この機会に能管の醍醐味を是非、ご体感ください。※当店の能管はすべて笛師の元で整備を終えた状態です。[能管とは...
独占販売!! カナダの職人セバスチャン・ノックス製作サクソフォン用ハンドメイド・マウスピース

独占販売!! カナダの職人セバスチャン・ノックス製作サクソフォン用ハンドメイド・マウスピース

管楽器
大久保管楽器店にて、カナダのマウスピース職人、セバスチャン・ノックス氏(Sebastian Knox)製作のハンドメイド・マウスピースの取り扱いを開始いたしました。(国内は大久保管楽器店独占販売となります)セバスチャン・ノックス氏(Sebastian Knox)は、テッド・クラムのもとでワーク...
LOTUS トランペット&マウスピース正規代理店となりました(^^) - TC楽器 - TCGAKKI

LOTUS トランペット&マウスピース正規代理店となりました(^^)

管楽器
大久保管楽器店は、ヨーロッパのハンドメイドトランペットメーカー、LOTUS(ロータス)の正規代理店となりました。世界的トランペットプレイヤー Adam Rapa氏がプロデュースし、氏自身も使用するハイエンド・ホーンです。マウスピース、トランペットともに海外では使用者が増えており、オーケストラや...
古今東西あらゆる管楽器の買取を随時承っております\(^o^)/

古今東西あらゆる管楽器の買取を随時承っております\(^o^)/

管楽器
お手元の楽器の整理・売却をご検討中の皆様くぼ管では毎日、全国の皆様からの買取を承っております。・最近、使う機会がなくなった・新しい楽器を買いたいのでお金が必要になった・大掃除をしていたら、押入れの奥から出てきた(・o・)・そろそろ置けなくなってきた(^_^;)お客様のあらゆるご事情に対応いたし...
史上最高の奏者にして製管師、三世荒木古童(昭和十年没)作の銀輪継ぎの八寸管、三印の最良品 - TC楽器 - TCGAKKI

史上最高の奏者にして製管師、三世荒木古童(昭和十年没)作の銀輪継ぎの八寸管、三印の最良品

管楽器
史上最高の奏者にして製管師、三世荒木古童(昭和十年没)作の銀輪継ぎの八寸管、三印の最良品を大幅お値下げいたしました!! 尺八史上最高の名人とも称された三世古童氏は、製管師としても卓越した才能の持ち主でしたが、演奏や古典本曲の研究に力を注いだため、製管の数は少なく、現存する尺八はわずかです...
能囃子の世界を覗いてみませんか!? - TC楽器 - TCGAKKI

能囃子の世界を覗いてみませんか!?

管楽器
『マズ一サイノ事ニ、序 破 急アレバ、コレヲ定ムル事、コレワ、次第次第ナリ』(世阿弥 著『花習内抜書』より)能の囃子方は、舞台の舞謡を文字通り囃して(=栄して)ゆく器楽奏者です。同時に、舞台上に並んでいる通り、演者の一員であり、時にはシテという主役と対等に渡り合う存在となります。従って、見事...
くぼ管なかむらのケース通信 トランペット&フリューゲルホルンケース編 - TC楽器 - TCGAKKI

くぼ管なかむらのケース通信 トランペット&フリューゲルホルンケース編

管楽器
管楽器ケース・アドバイザーの中村です。今回は、全国のトランペッターへ向けてご紹介です。ビッグバンドに吹奏楽に、持ち運びに困るのがそう...トランペット&フリューゲルホルンケース2つ持って、カバン持って、譜面台も持って。「あっ、雨だ、傘持てない...」そんな難行苦行を重ねているあなた!...
メッキのカラーサンプルをご用意いたしました! - TC楽器 - TCGAKKI

メッキのカラーサンプルをご用意いたしました!

管楽器
カラー様々、マウスピースのメッキカラー・サンプルのご用意が出来ました(^^)/基本の9色は以下の通り。ゴールドフェリックゴールドピンクゴールドグリーンゴールドルテニウムプラチナホワイトゴールドシャンパンゴールドシルバーそれぞれにサテン加工が可能で、あなただけのカッコいい外観にすることも可能です...
くぼ管オリジナル・トランペット用フィンガーボタン“くぼタン”好評です\(^o^)/ - TC楽器 - TCGAKKI

くぼ管オリジナル・トランペット用フィンガーボタン“くぼタン”好評です\(^o^)/

管楽器
【くぼ管オリジナル製品のご案内】 “サウンドの変化と押しやすさ”をコンセプトとしたトランペット用ピストンボタン「くぼタン」が予想を遥かに上廻る好評を頂いております!! 面積を広めに、ごくわずかなラウンド形状を特徴としたトップデザインは、多くのプレイヤーの指に馴染みます。素材は真鍮と洋白の2種...
カリキオユーザー必見!ピストンバネを復刻いたしました - TC楽器 - TCGAKKI

カリキオユーザー必見!ピストンバネを復刻いたしました

管楽器
くぼ管カスタム倶楽部の中村ですっ!アメリカ西海岸のメーカー、"カリキオ"。フレディ・ハバード、チャック・フィンドレー、ジェリー・ヘイをはじめ、多くの名手が愛用してきたメーカーですね。様々なメーカーがカリキオにインスパイアされた素晴らしいモデルを出す一方、やはり本家カリキオの武骨なデザイン、圧倒...
クボ管なかむらのケース通信〜英国発【BRASS BAGS 】(ブラスバッグス) - TC楽器 - TCGAKKI

クボ管なかむらのケース通信〜英国発【BRASS BAGS 】(ブラスバッグス)

管楽器
当店取り扱いのラインナップはこちらPDTGB ピストントランペット用ダブル   販売価格41,800円(税込み)PTTGB ピストントランペット用トリプル 販売価格45,100円(税込み)PQTGB ピストントランペット用クアッド 販売価格48,400円(税込み)PGDTGB ロータリートラ...
AR RESONANCEフェア開催!!! - TC楽器 - TCGAKKI

AR RESONANCEフェア開催!!!

管楽器
昨年10月よりAR RESONANCEトランペット&マウスピースを販売開始し、今月で1年を迎えました。そこで販売開始1周年を記念し、10月23日(土)、24日(日)に試奏展示会を開催いたします!改めて見直してみる、昨年10月と比較して当店の在庫は約3倍にまで増えました。比較写真はこちら...
江戸時代の古管から昭和の新管まで、個性豊かな能管をご用意いたしました - TC楽器 - TCGAKKI

江戸時代の古管から昭和の新管まで、個性豊かな能管をご用意いたしました

管楽器
店頭にお越し頂ければ、笛のお試し吹きが可能です。能管は一本、一本、音色も吹き心地も異なる個性豊かな笛でもあります。この機会に能管の醍醐味を是非、ご体感ください。※当店の能管はすべて笛師の元で整備を終えた状態です。[能管とは]能や歌舞伎、長唄、お祭り等のお囃子で使われる日本固有の笛。西洋音楽的な...
管楽器の種類 - TC楽器 - TCGAKKI

管楽器の種類

管楽器
管楽器」には、たくさんの種類がありますが、音が鳴る仕組みで考えると、大きく3つにわかれます。それぞれ、音を出すための吹き方は異なりますが、口の廻りの筋肉と息(エア)の使い方が重要な役割を果たしている点では共通しています。各楽器の特徴を簡単にご紹介します。演奏したい管楽器を探す指標にしてくださ...
第三弾 : 理想の音色を求めて… - TC楽器 - TCGAKKI

第三弾 : 理想の音色を求めて…

管楽器
  【序章】 なぜ人はバイオリンの音色に魅了されるのでしょうか… 初めて間近でバイオリンの音色を聴いたのは数年前…オーバーな表現かもしれませんが、頭が真っ白になり魂が吸い込まれるような感覚に陥りました… それくらい神秘的な体験で「自分もあんな音を奏でてみたい」と渇望するようになりました...