2007年1月号 - TC楽器 - TCGAKKI
Premium Selections 雑誌撮影こぼれ話
Player Player 1月号(2007年)
Back to antiques after all

商店街を歩いていると、どこからかイイ香りが漂ってきた。ふと目をやると一面に咲き乱れるお煎餅の花たち。最近はこういう場所でお煎餅買う機会ないよなあ・・・

 
>> ヴィンテージ・マーチンの最新入荷情報

photoビンテージというと古い→お年寄り(失礼!)、というイメージが離れない。

安直なのは分かっているが、年をとっても元気に活躍するお年寄りの方をテーマに撮りたいと考えていた。

我々は新宿近辺で探す事を諦め、場所を巣鴨に絞った。

何年ぶりだろうか、ここを歩くのは。寒い真冬の平日にもかかわらず多くの人でごった返している。

それにしても色んな店があるものだ、お茶屋さんに呉服屋、おしゃれなブティックなんてものある。
一通り歩いてみて商店街の入り口?に近いあるお店に標準を定め、田部店長が撮影協力を求めて中に入っていった。

photo活気があって店構えも華やかだぞ、そして中にいるスキンヘッドのおじさまも
とってもステキ♪

数分後、撮影の了解を頂く事ができ早速撮影準備に取り掛かる。

モデルとなって頂いたおじさまは慣れないポーズにもめげず、必死にこちらの要望に応えてくれた。

ちょっとこわそうな外見と違い、なんて良い人なんだ!(感謝)
撮影が終わり、店内をあらためて物色してみた。
お煎餅だけでこんなに多くの種類あるんだなあ〜と関心しつつ、ぬれ煎ほか数点購入させて頂いた。
photoさて発売後に雑誌を持って再びその地を訪れた。

田部店長が店内に入っていくと、どうやら撮影の事は当の昔にお忘れになっていたようで・・・、
怪しいヤツが来た光線

を放っていたようだ。

ご本人が載っているページをお見せすると、いつものやさしいおじさまに戻り、我々はお別れをした。

ご協力ありがとうございました。

バンド楽器・アコースティック

コメントを残す

すべてのコメントは公開前にモデレートされます