ゴッドタン 芸人マジ歌選手権 ありがとうございました!

TC楽器のツシマです!

少し遅れましたが、先日のテレビ東京さんにて、
ゴッドタン 芸人マジ歌選手権
の放送がありました!
ありがとうございました!!

フットボールアワー後藤さんの使用していたギター(ルーシー)のカスタムを当店にて行いました!
そしてなんと、収録では実際の操作も担当させていただきました!

年明けに放送された未公開SPでは自分のことまでご紹介してくださいました...ありがとうございます。。。
なんか僕めちゃふらふらしてましたね...恥ずかしいね...

 


Rolling Stone Japanに掲載されました!!
フットボールアワー後藤が語る、本気の「ギター愛」
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/34881



諸々詳しくはこちら↓↓

劇団ひとり「ぶち殺すぞ」連発、フット後藤は「テクノロジーザス!」:ゴッドタン芸人マジ歌選手権

ダサすぎる...フット後藤の光るギターの秘密! 東京03豊本は出禁に!?:ゴッドタン

 

話題の光るギターですが、
後藤さんのメインギターであり、マジ歌でもお馴染みの四角ギター、Gretsch G6138 Bo Diddleyを元に、フルカスタムを行っております!!
気になっている方も多いと思うので、少し、ご紹介しますね!

ピカーーーーッッ!!!めちゃめちゃ光ります。
RGBの極小チップLEDを採用。個別にICが入っているタイプなので、全体で色を変えること以外にも、グラデーションや、流れるような動きなどが表現できます。

なんとこのタイプのLEDはやっとこさここ数年で出てきたもので、
ギターのセルバインディングという限られた幅で埋め込める細さのLEDに、ここまで動かせるIC搭載のタイプは以前はありませんでした。このギターで一番のテクノロジーザスポイントです。
なので、昔同じのやったことあるわ! なんて方がいれば、それは嘘か勘違いです。





後藤さん監修のもと、かなり細部まで拘っており、スケベ椅子ゴールドと盛り上がっていたこのカラーリングもラメやメタリックの加減などサンプルを実際にいくつも吹いて、実際に見比べていただいて選定した、職人の汗と涙の結晶です。
それがこの、スケベ椅子ゴールドです。
塗装マニアであれば、あ、これはめんどくさい塗装だ!と感じるかと思います。スケベ椅子...よりもグッと深みがあります。
実際にこの塗装を施したスケベ椅子があれば、かなりのお値段になるでしょう。

ピックアップやその他パーツも交換されており、オリジナルBo Diddleyとは全く違うルックスとサウンドに仕上がっています。
トップのゴールドが目を引きますが、サイドバックとネック裏の部分も、元々はブラックですが、濃い目のブラウンに再塗装。
また、ツマミの位置変更やPU変更に伴い、見えていない木部にも様々な加工がされてきました。
妥協なしのこだわりスペックです。
LEDのコントローラーなどの仕掛けも見えないところに隠してあります。

トグルスイッチ横にある可愛いミニスイッチは、LEDのON-OFFになっています。
本番では僕が遠隔操作していましたが、手元でも操作できるようになっています。
歌詞の通り、 そこを触れば 彼女は輝きだすのさ ということです。すごい。






ネックからボディまで外周まるっとLED。しっかり埋め込んでます。
ジョイント部などの継ぎ目もひとつひとつ手配線で繋げてあります。チップLEDは強度と熱耐性共に弱いので、気をつけて埋め込み、しっかりと保護してあります。
駆動はなんとモバイルバッテリー。充電で使えます。

テレビにてご紹介の通り、インレイは埋め直し。ステッカーではなく、パール材でしっかり、「GoToH」と入れてあります。
並々ならぬこだわり。

ということで、後藤さんカスタムギターの詳細でした!!!!

また、2020年2月13日(木)には、ゴッドタン マジ歌ライブ2020 〜さいたまスーパーアリーナ行きつきました〜
が開催されるそうです!!!このギターが生で観れるのかも!!??続報にご期待ください!

詳細はこちら↓↓

ゴッドタン マジ歌ライブ2020


ギター/ベースのことで何かご相談ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね〜
お店も初心者様から、プロ/タレントさんまで幅広くご来店いただいております!
敷居も高くないのでお気軽に遊びにきてください〜〜
新大久保駅からすぐ!1分もかかりません!

よろしくお願いします〜〜〜

バンド楽器・アコースティック