新ブランド・HUBER MUSIC、取り扱い開始!! - TC楽器 - TCGAKKI

 

くぼ管・中村です!

気付けば1月も残り3日、1年の12分の1が終わりました。(悲しい)

 

今年もたくさんのワクワクをお届けすべく、毎日奮闘しております。

そんな中、今年1つ目のワクワクはこちら。

 

HUBER MUSIC ミュートの取り扱い開始

 

ふばー、、フーバー?なにそれ。

と思われる方が大半でしょう。

 

ヒューバーミュージックとの出会いはつい2ヶ月前、2023年11月。

海外旅行帰りの某プロプレイヤーの方に「良いミュートが...」とご紹介いただいたのが今回のミュートでした。

組み合わせ次第で様々なキャラクターに変化するこのミュートを見た時、

_人人人人人人人人_
> これは欲しい <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

日本のたくさんの奏者に紹介するべきだと確信し(ホントか?)、すぐに製作元へ連絡。トントン拍子に話が進み、今回に至ります。

 

 

ニューヨーク・ブルックリン発のミュートで、3Dプリンタを駆使してカップ、ストレート、ワウワウ、ピクシー、ソロトーンなど多様なミュートを製作しています。

 

興味深いポイントは、いずれも「入手不可となった古いクラシカルなミュート」がベースとなっていること。

シャストック、レイ・ロビンソン、シカゴ期のニューストンラインなどのヴィンテージサウンドを、ヒューバー・ミュージック独自の解釈も交えて、より扱いやすい形で復刻しています。

 

 

●ストレート

底部の材質が異なる3種類から選択可能。

“プラスティック”は柔らかい音の輪郭と、広がりのあるサウンド。落ち着いた暖かい音色を求められる場面に最適です。

“ステンレス・スチール”は、えぐみすら感じるような、ジャリッと鳴る独特のサウンド。ダークで重い、吹き込めば力強く、他のミュートにはないキャラクターです。

“アルミニウム”は程よい音の輪郭と、焦点の合ったサウンド。多くの奏者が最も親しみやすいものですが、やや柔らかいニュアンスを得られます。

 

カップ

ボディ2種、カップ3種の組み合わせによってサウンドが異なり、それぞれ別売りとなっています。

・ボディ

“タイプA”は入口の穴が大きく、ストレート部が長い設計。シャストックのカップミュートにインスパイアされたもので、明るくオープンなカップ・サウンドが得られます。

“タイプB”はヒューバー独自の設計。入口の穴が小さく、テーパーを長めにすることで内部の空間を多めに確保し、カップらしい柔らかなサウンドが強調されています。聞き馴染みのあるカップ・サウンド。

 

・カップ

“ボウル”はすでに廃盤となったシャストックのカップミュートサウンドをベースとして設計されました。

“フェルト・ライン”はすでに廃盤となったレイ・ロビンソンのカップミュートサウンドをベースとして設計されました。

“スキャロップ”は伝統的な古いシカゴ時代のニュー・ストン・ラインのカップミュートサウンドをベースとして設計されました。

 

 

・・・ちょっと興味が沸いてきましたか?

様々なミュートのサウンドはこちらで確認できますが、一番ご紹介したいカップやストレートのサウンドの変化はまだこれから。早めにご用意いたします。。。

 

店頭では本日よりお試し可能。

通販もこちらからご利用いただけます。

 

もうちょっとこういう音色が、いやいやもう少しオープンな感じ...を叶えてくれるヒューバーミュージックのミュート各種、ぜひ試してみてください。

 

中村

管楽器

发表评论

所有评论在发表前均经过审核