籐の時代がやってきた! - TC楽器 - TCGAKKI
吹奏楽、オーケストラ、ジャズ...あらゆるジャンルの演奏に用いられるトランペット用の”ミュート"、皆様はどんなメーカーのものをお使いでしょうか。
従来はアルミやコパー、ブラスなどの金属製が一般的でしたが、今回新しい素材を用いたブランドをご紹介出来ることとなりました。

天然素材の"籐"を使用した、HANABUSA.MUTEです!
国内で一点一点手作りで製作されており、美しい見た目と汎用性の高いミュートとして、プロプレイヤーを中心に、少しずつその存在が知られてきたブランド。SNSなどで見かけた、という方も多いのではないでしょうか。

籐製のHANABUSA.MUTEは、以下のような効果を得ることが出来ます。
・超軽量のため、違和感なく構えることが出来る
・金属製よりも木管楽器と馴染みやすい柔らかな音色
・抜群のレスポンスと適度な抵抗感
・安定したピッチバランス

何より、決して特殊なものではなく、オールラウンドに使えるサウンドが特徴です。


今回当店でご紹介するのは、ストレート、ピアニッシモ、カップ、ワウワウの4種類。
ピアニッシモは弱音演奏での反応が抜群に良く、ppでの表現が求められる困難な場面で活躍します。
カップは通常モデルではなく、東京佼成ウインドオーケストラの河原史弥氏の意見を取り入れ採用された、”KAWAHARAモデル”です。

それぞれの解説・商品ページはこちらをご覧ください。

ミュートワークで悩み・問題を抱えている方は、ぜひ一度HANABUSA.MUTEをお試しください(^^)
管楽器

コメントを残す

すべてのコメントは公開前にモデレートされます